恐怖!あおり運転の対策〜仕返しは絶対にダメ!〜

度々話題になる、あおり運転。

煽り運転の被害者とならないためには、一体どうしたらいいのでしょうか。

 

絶対に窓・ドアを開けてはダメ!

相手がいくら煽ってきても、窓あるいはドアを絶対に開けてはいけません

 

暴行被害を受けてしまいます。

 

 

仕返しは絶対に辞めてください!

車という人の命を簡単に奪える道具を乱用している時点で、向こうは理性的な人間ではなく、本能の赴くまま生きる野生動物です。

 

こちらがいくら理性的な説明をしても、相手の耳には全く届かず会話にならないのは明白です。

 

その時点で、出来るだけ関わらないようにするのが一番の対策です。

 

相手が車の外に出て、あなたの走行を阻害している場合は、車でゆっくり相手を押し出すようにしてください。

 

これは法律で認められている行為になります。

 

あおり運転されないためには?

そもそも煽り運転をされないためには、どうしたらいいでしょうか。

 

それは危ないと思った瞬間から、走行レーンを外れるのが一番いいでしょう。

 

ただ3レーンなどの高速道路で、一番右のレーンを走っている時は難しいかもしれません。

 

そんな時は危ないと思った瞬間から、スマホで録画を始め、警察や高速道路公団に連絡するのがいいでしょう。

NEXCO 東日本:03-5338-7524

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました